こんにちは。健康ブログのナオです。

本日も数あるブログの中から閲覧いただきましてありがとうございます。

ランキング参加中です 応援していただけると嬉しいです
健康と医療 ブログランキングへ
ダイエット ブログランキングへ にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

今日は意識すること、継続することの難しさというテーマについてです

みなさん健康ということに関して

普段から何か意識していることはあるでしょうか?

 

自分は正直30歳手前になるころや

家庭をもったりする前までは、全然意識していませんでした

まさかこんな年齢で病気になるなんてことないでしょ?

って思っていました。

 

ですが、新卒から総合病院に就職し

若年者~高齢者まで幅広い年齢層の患者さんを

1日に20人以上理学療法をする機会を得ると

 

大半は高齢者の方を担当することが多いのですが

中には20代、30代の方を担当することもありました

 

不慮の事故による怪我もあれば

あきらかに生活習慣が不規則、不摂生でという方もいらっしゃいました

 

やはり初めて病気になり入院する方は口々に言います

 

まさか自分が病気になるなんて

特に年齢が若い人ほど言います

 

若い時は体力もあるし、独身で働いていれば、金銭的な余裕もあるし

色々なことに没頭すると思います

外食、遊び、一日中遊ぶ時なんかもあるんじゃないですか?

かくいう自分もそうでした

 

でも時々職場である健康診断の結果で、少しグサッとくるんですよね

僕の場合

中性脂肪、コレステロール値が少し高い

 

同僚の場合だと肝機能の値が少し悪い

 

この少しというのがポイントなんです

生活になんら支障がないんです。

だから指摘された時は、そっかーと思っても

危機感がわかない

自分の欲求を満たすことを優先するし、

周囲の誰かが意識しているわけでもないので

何かするわけでもない

実際に診察した医者も、まだ若いし大丈夫でしょ

というのが現状です。

 

でもその数年後突如として自分の身にふりかかってくるんです

病気という悪魔が襲ってくるんです。

なんの前振りもなく…

 

入院した患者さんは病院で治療をします

そして幸いに後遺症が軽くすんだ患者さんは日常生活に支障がない状態で

退院できます

 

中には重症な方もいて、家に帰ることができなくなる方もいます

帰ることができても、車いすを使ったり、人の支えが必要だったりと

様々です

 

後遺症がある方が帰ったあとはどうなるかというと

家族が必死に介護したり

今は社会資源が充実しているので、様々な医療人が介入してくれます

そのような方々は食事面(医療人による管理)や

運動面(リハビリテーションの実施)、

薬(家族、医療人による管理)

また定期的に診察があるので、可能な限りの管理と医療が提供されます

 

ですが後遺症が比較的軽症で済んだ方は

退院後様々な経過をたどります

決められた食事、運動、薬を守る人もいます

ですが大半は薬は飲むけど、食事や運動はずさんになるケースが大半です

病院で食事、運動、薬管理を徹底してきても

それを継続できないことが多いのです

 

それはなぜか…

多分色々な意見があるので、これは私の一考えなのですが

明確な目標がないからだと思います

健康でいるということは

当たり前のことで、なくてはならないことです

11%e6%9c%8819%e2%91%a0

 

でも何をどれだけ続ければいいんだという目標がないんです

人間の行動原理の一つに

目標設定の重要性が言われています

何か行動をするためには、何かの目標が必要ということです

 

大学に進学するためにこの半年はしっかりと勉強する

お金を稼ぎ、生活を豊かにするために定年まではしっかりと仕事をする

スポーツで成果をだすためにここ一か月はしっかりと運動をする

 

では

健康でいるために食事を気を付ける、

健康でいられるために運動をする

健康でいられるために薬をきちんと飲む

 

いうのは簡単ですが

どんな食事を、どんな運動を、どんな薬を

それをいつまで続けないといけないんですか?

このあいまいな目標設定の難しさが継続できない要因の一つかと考えています

実際にはほかにも要因はたくさんあると思います

ですが、その要因を分析して、方法や継続する必要性を逐一伝えることができないのです

入院中は医者や看護師さん、理学療法士をはじめ、その他の

コメディカルスタッフが嫌というほどやってもらってきたことが

家に帰ればなくなります

環境の変化です

 

入院中ではその明確な目標設定が病院側からすればきまっています

このような食事をこれだけの量めしあがってもらう

この動作ができるようになるためにはこのような運動をこれだけやる必要がある

この状態を維持するためには、これらの薬をこれだけ飲んでもらう必要がある

それに付随して

嫌でもそれを実行しなければならない環境にある

というのも継続できるポイントかと思います

 

もし何か健康のために意識しているけど

実際の行動に移すことができていないという方は

明確な目標を決めること

それを実行しなければならない環境に身を置く

というのが重要かと思います

ぜひ考えてみてください

 

本日は閲覧いただきましてありがとうございました

ランキング参加中です 応援していただけると嬉しいです
健康と医療 ブログランキングへ
ダイエット ブログランキングへ にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村