こんにちは。健康ブログのナオです。

本日も数あるブログの中から閲覧いただきましてありがとうございます。

ランキング参加中です 応援していただけると嬉しいです
健康と医療 ブログランキングへ
ダイエット ブログランキングへ にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ

色々とありまして、こうして更新がめっきり減ってしまっていました。

 

また色々と健康をテーマに綴っていけたらと思います。

 

本日のテーマは健康について考える年代は?

というお話です

 

現在あなたは健康について何か考えていますか?

 

私は32歳ですが

 

周りのみなさんは口ではなにか言うものの実際に

 

何かの行動をしている方はほとんどいません

 

気にしていると言えば

 

体型

 

見た目

 

と言ったことです

 

他には

 

疲れやすくってとか

 

あまり眠れなくてとかありますが

 

この年代の多くは体型や、他者からの印象を意識しがちです

 

 

かくいう私自身も当初はそうでした

 

でもこの年代ではもう意識しないといけません

 

なぜなら

 

あなたは家庭をもっているかもしれないからです

 

どこかの調子が悪い

 

なんか体調が優れない

 

すっきりしない

 

こんなことが日常的に起こっているようでは

 

かなり心配です

 

あなたは家庭の大黒柱かもしれません

 

あなたは家庭において、子供に一番愛情を注いでいる立場かもしれません

 

そんなあなたがある日突然倒れた日を想像できますか?

 

家庭はどうなりますか?

 

この冬に起こりやすい病気として

 

脳血管疾患があります

 

脳血管疾患の発症年代はほとんどが50歳以上で

 

30歳代というのはほんの5%未満と言われています

 

5%未満と聞いて安心した方は

 

相当まずいです。

 

そのまるで人ごとのような感じ方がかなり危険です

 

実際に起こっているということを真摯に受け止め

 

今の自分の健康状態ってどうなんだろうと

 

感じた方は

 

かなり素晴らしい感性をお持ちでしょう

 

実際に医療現場においても

 

30代で脳血管疾患となって

 

リハビリテーションを受けている患者さんは

 

います

 

もちろん決して多くはありません

 

でもいるんです

 

もし全く意識していなければ少しでも

 

気にしないといけない年代になりつつあるということを

 

考えていただけるといいかと思います

 

そしてこれからあと

 

何十年と自分の体と付き合っていけるようにするための

 

メンテナンスとして

 

何をしていかなければならないのか?

 

ということを調べるきっかけになると幸いです

 

ランキング参加中です 応援していただけると嬉しいです
健康と医療 ブログランキングへ
ダイエット ブログランキングへ にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ